• 100th PLUS ULTRA

学校法人白鷗大学 創立100周年記念事業募金

学校法人白鷗大学 創立100周年記念事業募金

趣意書

1915年(大正4年)4月、足利市で足利裁縫女学校として創立された学校法人白鷗大学は、2015年(平成27年)4月に創立100周年を迎えました。現在は白鷗大学、白鷗大学足利高等学校、白鷗大学足利中学校、白鷗大学はくおう幼稚園の4つの学校を設置し、学生生徒数約7,000名、教職員数約580名を擁する総合学園となっています。

設立当初は、女子の職業的技術教育および基礎的教養教育を行い、地方の女子の経済的自立能力の養成を目的とし、いわば日本の女子教育の先駆的役割を果たしてきました。戦後、1951年(昭和26年)に私立学校法に基づき「学校法人足利学園」となり、その後高等学校、中学校を中心に発展し、1974年(昭和49年)小山市に「白鷗女子短期大学」を、1980年(昭和55年)に「白鷗女子短期大学付属幼稚園」を、更に1986年(昭和61年)には「白鷗大学」を設置し、その後1990年(平成2年)に法人名を現在の「学校法人白鷗大学」に変更して、現在に至っています。

「PLUS ULTRA」(プルス ウルトラ=ラテン語「さらに向こうへ」)を教育理念として、大学、高等学校において欧米、アジアを中心に交換留学を積極的に実施する他、高等学校、中学校では海外への修学旅行で生徒に国際性を磨く機会を提供し、学生生徒の異文化体験、国際化の進展に力を注いで参りました。また、学生生徒のスポーツ活動を奨励し全国的に活躍する人材を輩出してきております。近年では、大学から毎年100名以上の教員採用試験合格者を出すなど、多数の有為な人材を世に送り出して参りました。

これも、創立以来100年にわたり卒業生をはじめ、地元足利市、小山市他近隣市町村の皆様に支えられてきた賜物だと感謝しております。

そしてこの度、創立100周年を迎えるにあたり、今後も急激に変化する社会に対応し、地域社会をはじめ広くわが国社会の各分野において活躍する国際性豊かな人材の育成と東日本大震災を踏まえた学生生徒の安全な教育研究環境整備を目的として「耐震性を備えた校舎等の建築」、「既存施設の改修整備」、「語学教育・留学、チャレンジ企画、スポーツ等に係わる学生生徒への支援強化」を創立100周年記念事業として推進していくことといたしました。

これらの総事業費は学校法人全体で約130億円が見込まれております。すでに高等学校では2015年(平成27年)に足利市にて新たな校舎、体育館が竣工し、大学では小山駅前の現東キャンパス隣接地に新たな校舎建築が計画されております。外国人旅行客の増加、東京オリンピック開催決定等により異文化交流とスポーツの活性化が期待される中、学生生徒の語学力修得とスポーツ活動取組みへの支援を強化するとともに、国際性豊かな人材と地方の地域活性化に貢献できる人材等の育成強化に引き続き取り組んで参ります。不透明な経済情勢の中、ご寄附をお願いすることは誠に心苦しいことではございますが、次代を担う青少年の育成と私立学校における教育研究の果たす役割の重要性等をご理解頂きまして、是非とも格別なご支援を賜りますよう心からお願い申し上げますとともに、募集委員会を代表いたしましてご挨拶申し上げる次第でございます。

学校法人白鷗大学創立100周年記念事業募金委員会

代表
奥島 孝康 学 長
代表
森山 眞弓 前学長
PAGE TOP
Page Top